各時間足を確認してデモトレードでニュージーランドドル円を買う

各時間足を確認してデモトレードでニュージーランドドル円を買う

各時間足を確認してデモトレードでニュージーランドドル円を買う

 

8月6日。本日の日経平均は順調。しかし、中国株は安くなっていますがクロス円に悪さをしませんでした。東京時間中、米ドル円は明日の金曜日に控える米雇用統計のために様子見となりました。値幅が少なかったため、トレードには適さなかったです。びっくりしたのが現在16時なんだけど、18PIPSの値幅を保っていること。今日この調子でずっといるわけではないはず。

 

欧州時間中は上にも下にも値幅を広げないかもしれないけど、ニューヨーク時間には指標が発表されるので、絶対値幅が広がるはず。豪ドル円は東京時間に発表された雇用者数と失業率によって値幅が広がりました。92.24まで噴き上げてから91.50まで上げを全戻し。値幅はありますが、一時的な噴き上げによって作られたもの。多くの時間を20PIPS程の間で推移していたので、ほぼ動きがないのと一緒です。

 

大きく上げて大きく下げる、その後は小動きでほぼ変化がなしってやりにくいですね。ニュージーランドドル円は豪ドル円とは違って激しい動きをしないで高値圏で東京時間を終了しています。5分足を見ると上昇トレンドになっていてやりやすそう。10分足も上昇していて、5分足よりも綺麗。しっかりと81.60のサポートが機能しています。15分足も30分足も81.60がサポートだということがちゃんとわかる。1時間足は82円を上限とするレンジ。

 

トレンドが出ていないことは確か。だけど、81.60のサポートを信じてロングしてみようかな。これは練習してみたくなりました。早速デモトレードでニュージーランドドル円を注文しました。81.63で1枚買いました。損切りは81.55。それでもし再び上を目指すようであればもう一度挑戦してみるのもあり。日足を見ると下降トレンドが終了して反発に転じそうな雰囲気になっています。何回か安値に挑戦していますが、そこまで下がっていません。もう下に行くことはなさそうに見える。