バイナリーオプションに挑戦するマサの日記

私はFXだけにずっと集中していると体力が持たないので、短時間で稼げそうなタイミングを選んで取引することにしています。そうしていると必然的に為替が動きやすい経済指標の発表される時間帯に絞られてくるので、勝つために有利なことは他の何よりも約定力にあると考えるようになりました。雇用統計で特に大きく業者の違いが出たこともあり、環境しだいで稼ぎやすさが全然変わってくることを学んだのです。
トレーダーのほとんどが気をつけて相場を見ているときですし、参加者が多くなるから取引で滑りやすくなるのは当然だと思います。ただ、それを仕方がないものと受け止めないで指標時の大きな相場の変化にも思い通りのポイントでポジションが持てる所に移らないと、安定して増やしていくのは難しいものがあるとわかってきました。普段の取引ならスプレッドを最優先に考えてもいいのかもしれませんが、結局は戦略が狂いにくくなる約定の正確さが指標時はありがたいです。

 

実は約定力の重要性に気がついたのはわりと最近で、それまでは大多数のトレーダーのようにFXではスプレッドが一番大事だということに疑いを持ちませんでした。でも、取引に割り当てる時間を夜中の数時間という極めて変動の激しい時間帯に集中させたときに、多少はスプレッドを犠牲にしてもクリックした瞬間に約定するほうがベターだと感じてきたのです。今は約定も含めてバランスの良い業者を見つけることができたので、これまでで最高のトレード環境を揃えられたと思います。
現在使用中のところにたどり着くまでは、いまひとつ物足りなさを感じるところが多くてたくさん口座を開設しました。注目の経済指標時にちゃんと約定できるかどうかというのはデモ口座ではわからないからこれはしょうがないけれど、それぞれ開設キャンペーンの条件を達成させたので意図せずおいしい思いができて良かったです。もちろん当初の私の狙い通り、約定の強さを活用して暴れまわる為替相場でも即取引が成立できているから、約定拒否とは無縁なFX生活ができています。

続きを読む≫ 2016/02/09 11:48:09

FXで勝つのは、何回かやっているうちのヒットした運にほかならないでしょう。ユーロで資産が倍、ポンドで資産が倍、になったことがありますが、たまたまです。どっちに行くかなんて実際わからないけれど、たまたまの建玉をホールドしてそのまま突っ走っていったら、大勝です。それが一番のねらい目かな、と思います。

 

できれば、その利益で押し目買いして、どんどん利益を伸ばしていく、そうすれば3倍、4倍とどんどん勝てます。ときには短時間の間に大幅に値動きして利益が一気に0になることがありますが、0になるだけで損失になるまでに損切りすれば損失になりません。

 

それに大負けするのは働いている最中の会社員、もしくは睡眠中の人です。パソコンの画面でチャートを広げてトレードしている経験者は、損失でやばくなってきたところで対処するから負けません。

 

何回も負けてしまうけれど、一本勝ちは狙います。ある程度利益が膨らみ、2円、3円という利益が出ると、そのまま放っておいて、多少増減しても耐えられればOKです。さらにどんどん利益が膨らんでいくのを待ち、十分なところにきたら決済、たっぷり利益を取れます。

 

うらやましいことに、1ドル80円でいまだに売らずに保有している人っています。もう124円だから売ったら大きな利益が確定します。にもかかわらず、まだ持っている、こういう人はいずれ負ける確率のほうが高いと思います。でも、もっと利益を伸ばして記録にチャレンジすることは可能です。もしかすると、130円になるかもしれないし、誰も先のことまでわかりません。124円になるまで持っていたことが、優れた忍耐力があるものと思います。

 

ウォーレンバフェット氏のように長期トレードをする人は、こうした利益がたっぷりの銘柄がたくさんあると思います。80円→124円というと、44円分の利益がのっているわけだから、相当大きな黒字です。あのとき、たっぷり資産があって投資できていたらなぁと思ってしまいます。

続きを読む≫ 2016/02/09 11:48:09

7月29日。ロンドン時間のレポートが入ってきています。読むと、ポンドが買われたことがわかりました。現在は20時15分。オセアニア通貨だけが弱く、後のクロス円は堅調です。弱い理由は上海総合指数が軟調だったことにありそうです。豪ドル円は欧州時間序盤ではレンジになって耐えていましたが、時間が経過すると本日の安値である90.29に向かっていく動きをしています。これは耐えれない感じがします。きのうは日経平均と上海総合指数が途中から立ち上がって勢いよく切り返してきたのに、またそのときに作られた89円前半に逆戻りしていきそうな予感。89円前半は7月9日と7月28日に2回突っ込みましたが、両方とも90円へ切り返しています。89円前半まで突っ込むと反発してくるパターンになっているので売るのが怖いです。それに、日足で1年の大きな波を確認すると89円は下の位置なので、売る時には注意しないといけないと思うので余計怖い。これはそろそろ値固めになるのかな?って思ったけど、中国のほうがフラフラしているので、今しばらく彷徨いそうな予感。89円を割って88円に突入していったら、86円に行くことが見えてきます。その前に、そこまではいくら何でもいかないでしょ?と思うけど、相場に絶対はないからわからない。中国の事情を置いても、豪ドル円は高くなると牽制が入ってくるので80円後半ぐらいがちょうどいいのかなと思う。トレードのやりやすさで考えると、中国株が安定する必要があります。牽制が入らない位置にいるのが望ましい。個人的に思う価格は85円から93円辺り。95円からは頻繁に牽制が入って不安定な動きをしていたイメージ。100円なら警戒レベル。トレードするのもヒヤヒヤします。今の位置だとなんとかいいかな。ただ、牽制が入っては意味がありません。これからの豪ドル円の値動きを考えていくと、昨年の11月に100円を付けた場所まで戻る奇跡は起こるのかな?と思う。行き過ぎるのは嫌だけど、それくらいの強い反発を見せてほしいです。

続きを読む≫ 2016/02/09 11:48:09